カテゴリ:徒然( 45 )
10周年&新作展示会 日程!!
もっと早くお知らせしようと思っていたのですが、新作にてこずりまして、なかなか目処がたたず・・・。
10周年&新作展示会の日程ですが、2013年5月30日(木)〜6月2日(日)を予定しています。
詳細はまた改めまして、皆様にお知らせさせて頂こうと思っております。

イベントとしては、10周年記念の小さなパーティーを企画しております。
ただ、場所の関係上、お客様全員をお招きするのは難しく、本当に本当に申し訳ないのですが、後ほど私共から招待状をお送りさせていただく形になるかと思います。

それから、10周年記念限定モデルを出します!!
こちらは、以前もブログで書きましたが、アンティークパーツを使ったo.e.らしいモデルになっているかと思います。
たぶん、メンズ・レディース共に2〜3足限定のオーダーになります。(アンティークパーツを使うので、なかなか数が揃わないのです。すみません。)
このオーダーに関しては、もしかしたら、最初の採寸と納品の間に、1回くらいフィッティングにお越しいただく必要が出るかもしれません。
10周年記念モデルに関しては、展示会前にまたブログで詳細をご報告します。

そして、10周年記念のノベルティーグッツも数点ご用意しようと思っています。
こちらも限定数になると思います。

そして、もちろん新作も。
それとともに、廃番になるモデルも数点。もし、気になっているモデルがあれば、お問合わせいただけると幸いです。


今月中には、皆様に10周年&新作展示会のご案内のDMをお届けできるよう、準備しております。
また、詳細は、おってブログやHPにてお知らせしていこうと思っております。
ひとまず今日は、概要のお知らせでした。
[PR]
by boot_maker_oe | 2013-04-09 21:45 | 徒然
2013年
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

年末年始は、31日と1日だけお休みして、結局あとは仕事してました。

ここ半年くらいの仕事後の楽しみは、ジョンレノンが持っていたものと同型のジュークボックスの修理だったのですが、昨年末に完了し、今は満足なような、少し寂しい様な・・・。
レコードが大好きで、レコードプレーヤー等もだいたい海外のオークションでジャンク品を手に入れて、自分で修理したりしてます。
5年程前には、レコードカッター(レコードを作れる機械です。)もジャンク品を手に入れて、修理し、自分で好きな曲をシングルカットしたりしながら、楽しんでます。
アクリル板を削ってくれるのですが(その溝を針が拾って音がでるっていうのがレコードの仕組みです。ってこんなこと説明しなくてもいいか・・・。でも、なんかすごいな〜と改めて思ったりします。)、その動きとか、削れたカスが出てくるとことか、見てて面白いです。
昔のこういう機械は、からくり人形的な作りになっていて、修理してると、ものすごく楽しいです。
今の機械ものは、もっと電気的で全然修理とかできないので、壊れたらもうおしまいな感じですが、昔の物は、歯車の噛み合わせ直したり、なくなっているネジつけたり、動作させながら、どういう風に連動するのか確認したりしながら、意外と直せるもんです。
だいたい劣化して交換が必要なのは、プラスチックやゴム系のもので、あ〜やっぱりこういうものは劣化が早いんだな〜とか思ったり。
そして、本当によく考えられた作りになっていて、感心します。

なんだか、年明け早々、自分の趣味の話ばっかりしてしまいました。すみません。

本年も精進してまいりたいと思っておりますので、何卒よろしくお願い致します。

大好きな、星 新一さんが年賀状に書いていたという言葉で締めさせて頂きます。
”今年もまたご一緒に九億四千万キロメートルの宇宙旅行をいたしましょう。
これは地球が太陽のまわりを一周する距離です。速度は秒速29.7キロメートルのマッハ93。安全です。
他の乗客たちがごたごたをおこさないよう祈りましょう。”
[PR]
by boot_maker_oe | 2013-01-08 12:39 | 徒然
2012年
大晦日です。
2012年ももう終わろうとしています。
こうして無事に年の瀬を迎えられるのも、皆様のおかげさまだと本当に心より感謝申し上げます。
来年は2013年。今後も精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

昔は、大晦日ってとても特別な気持ちでいたのですが、年々年を経るごとに、特別感が少なくなってきていて、ここ最近は、本当に普通の日として過ぎていくことが多かったように感じます。
大人になると、感受性が薄くなってくるのでしょうか。
昨日、”ジョンレノン,ニューヨーク”という映画を見ました。
ジョンレノン、大好きなのですが、初めて見る映像や音源がたくさんあり、そして様々な人達のインタビューを交え、知らなかったジョンレノンを見る事ができました。
悩み、苦しみ、絶望しながら、それを音楽にぶつけ、そして音楽と向き合い・・・なんか、ジョンも人間なんだな〜なんて改めて感じたり。
生きていく上で、妥協したり、諦めたりの連続で、もう希望をもつのもバカバカしく思えたりもしていたのですが・・・。
色々な人と共に、そして支えられながら生きていた姿を見て、なんだか少し忘れていた気持ちみたいなのを思い出した様な気がします。

ジョンレノンの”マインドゲームス”と真心ブラザーズの”拝啓、ジョンレノン”となぜか、斉藤和義の”君の顔が好きだ”が頭のなかで流れていますが、そんなこんなで今年は、新しい年へ向けての抱負なんか考えながら、大晦日を迎えてみようと思います。

では皆様、よいお年をお迎えください。
そして、2013年も皆様にとってよい1年になることを心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by boot_maker_oe | 2012-12-31 10:28 | 徒然
P.F. Sloan
工房ではいつもラジオを聴き流しながら作業をしている。
流れてくるものは当然流行りのものが多いのだが、最近その中で気になるものがあった。
それは、Rumerの歌う"P.F. Sloan"という曲である。
これはJimmy Webbが歌ったものをカバーしているのだが、Rumerの良さもさる事ながらなぜ彼女がこの曲を選んだのかが気になった。
"P.F. Sloan"は60年代にサーフィン/ホットロッドやフォークロックのソングライターとして多くのヒットソングを世に送り出していた。
その後メッセージ性の強い曲も書くようになり、(清志郎が歌った”明日なき世界”の作者でもある。)シンガー指向へと傾いていく。
そしてシンガーへの転向と引き換えに自身の楽曲の権利を放棄してしまう。その後のソロシンガーとしては世に知られることも少なかった。
Rumerはこの選曲について、”道を切り開いた人達に対するリスペクトとして”とコメントしている。

自身にとって大切なもののために失うものが大きいこともある。
だが、本当に大切なもののために失うのだとしたら、それは、失うべきものだったのではないかとも思う。
しかし、目の前の損得だけを考えてしまい、大切なもののそこにある価値を見失い、誤った道を引き返せないところまで来てしまったとき、大いなる”しっぺ返し”が待ち受けているだろう。

P.F. Sloanは現在も地道だが活動を続けているようである。
今、彼がどう思っているかなんてことは、自分にはわからないけれど、きっと彼にとって、より自分らしい生き方ができているのではないかと思う。
[PR]
by boot_maker_oe | 2012-09-26 20:08 | 徒然
toi toi toi
すっかり7月になってました。
関東の梅雨もいつの間にやら明けたようで、暑い日が続いてます。
でも、自分は夏が好きです!
このところの節電で、街中のお店のエアコンの温度が上がっていますが、それでも冷え過ぎだなーと思うこともしばしば。
毎年書いているような気もしますが、エコECO言っている割には、ちょっと変な感じです。
”節電だからしなくちゃいけないから、仕方なく”っていう感じも違和感あります。
熱中症になっては元も子もないですが、建物入って、寒い!と上着羽織るのは、なんかやっぱり変ですよ。夏なんですから!!
何事も適度に。

展示会も来週に迫り、なんとか新作も完成しました!
レディースの一部価格改定等々で、まだまだ展示会前にやらなくてはいけないことが残っていますが、なんとか万全の態勢で皆様をお迎えすることが出来そうです。
お時間ありましたら、是非お立ち寄りください。

今回の展示会のテーマ、toi toi toi
意味を詳しくお話したいと思いながら、なかなかブログを更新できず、展示会間近の今頃になってしましました。
HPにも少し書かせていただきましたが、ドイツのおまじないの言葉です。
”toi toi toi”といいながら、机などを3回叩くそうです。
元々は、いい話や自慢話をしていると、悪魔が嫉妬してイタズラをしにくるというので、それを追い払う為に相手の肩越しから唾を3回吐いて、机(木材)を3回叩くということだったみたいです。
おまじないというより、厄よけの意味合いが強かったみたいですね。日本語では、”くわばら、くわばら”なんて訳されることもあったようです。
いつしか、唾を吐くのが、衛生的に悪いということで(っていうのもなんか面白いというか、そこかいっ!みたいな気持ちもあったりしますが)、これが toi toi toi という言葉に代用されるようになったのだとか。
toi toi toi 自体の語源は、色々と説があるようですが、ドイツ語の悪魔teufelからきてるのでは?とのことです。
現在は、相手の成功や幸せを祈るときや、旅行にいく際など、英語でいうところの”Good Luck!”みたいな意味合いで使われることが多くなってきているとのことです。
ちなみに、"toi toi toi!"といわれたら、”Danke(ありがとう)"とこたえてはいけないんだそうです。言ってしまうと、悪魔が気づいてしまうとか、しまわないとか・・・。
普通は握手したり、抱き合ったりするらしいのですが、日本人には、なかなか難しいですね。
机やドアなどを3回叩く、というのは、よく映画とかでも見た気がします。

私共から、”toi toi toi!”の言葉とともに、皆様に楽しい気分になれるような靴をお届けできればと思っております。
[PR]
by boot_maker_oe | 2011-07-10 23:49 | 徒然
サマータイムブルース
東日本大震災から一ヶ月が経とうとしています。
まだまだ余震も収まりません。

今までも、色々と思うことはありましたが、自分が言うことでもないかな、と思ったり、頑張っていこう!ということの方が、前向きで大事なことではないかと思って来たのですが、今日は、少し、今自分が思っていることについて、書いてみようと思っています。

被災地の一日も早い復旧、そして元気な日本を心から願うばかりですが、それを妨げている最大の原因が福島第一原子力発電所の件ではないでしょうか。
原子力発電所の推進については賛否両論あるかと思いますが、今おこっている事故の対処方法をみているかぎり、トラブル発生時の対処が場当たり的であり、とても事前に用意されたものと思えません。
技術大国日本。・・・のはずでした。そして、現に、今回のことに対処できる技術を有しているはず・・・。
ですが、現在は、この状況。
現場の方々は、本当にどう言っていいのかわからないくらい頑張ってくださっていると思います。
それなのに、政府や東電が連携して、きちんと臨機応変に迅速な指示ができていないように感じます。
国民の安全を守る為ではなく、別のことに気が向いているのではないか、とも・・・。

政府は何を守ろうとして原発を建てたのか。
資源枯渇を憂慮して、将来の子孫を守るためか。
火力発電によるCO2削減で地球温暖化を抑制するためか。
現在の電力供給量では不可欠だと判断したからか。
それとも・・・。
政府と東電と原子力安全保安院、そして大手マスコミと解説者は、皆口を揃えて、”安全です”、”直ちに影響ありません”というばかり。ある意味、この強固なる結束力は見事です。
公共CMも数多く放映されていますが、その制作を司る機構の役員に東電関係者が在籍していることにも、若干の違和感を覚えずにはいられません。
東電の勝俣会長の会見で、震災発生時に、東電の会長と社長がマスコミ関係者等を引き連れて、中国旅行に行っていた(一部費用は東電負担)ということが、発覚しましたが、多くのマスコミでは、報道されなかったということに対しても、驚きを隠せません。
私たちは、何を信じて行動すればいいのか、わかりません。
”デマに惑わされないでください” 公共CMは何度となく、繰り返し言います。
では、何が真実なのでしょうか。情報は、後だしで出されたりもしています。

海への低濃度(?国の基準の100倍〜1000倍とのこと。これって低濃度ですか)汚染水の放出問題。東電や、政府の皆々様は、これがどれだけ重大なことかお分かりになっているのか。もう東電や、ひいては日本だけの問題ではないということを、どれだけ理解されているのか。地球全体、そしてこれからの将来子々孫々に至るまで、影響を与えることだとお分かりになられているのでしょうか。


原子力発電は、”低コスト”、”地球にやさしい”エネルギー・・・。

つい先日、原子力発電所から10キロ圏内の御遺体が、放射線量が高く、収容できないというニュースがありました。こんなことが、日本で・・・もうつらすぎて、言葉も出ませんでした。
これが、”地球にやさしい”エネルギーかと。
農業、漁業、畜産、そしてその地域に暮らしていた方々、働いていた方々への賠償は、考えられないくらい膨大なものになるでしょう。また、海洋汚染、そして放射能物質、放射線による様々な問題に対する補償。いくらあっても足りないでしょう。
これのどこが、”低コスト”なのか。

自分自身、原子力に対して、なんとなく嫌だな、という気持ちはあっても、あまり考えてこなかったことは事実です。そこは、本当に反省しなくてはいけないことだと思います。

自分が使っている電気。
第二次世界大戦時に、日本に投下された核爆弾。
眼に見えない放射線。
処理の仕方さえ曖昧な、核燃料廃棄物。
使用済みといいながらも、膨大なエネルギーを発し続ける燃料棒。
原子力の様々な顔。
便利さと引き換えに、考えるということをしなくなってしまったのではないかと思います。
原子力を使うには、やはり、それを使う為に、色々なことを考えて、それに対してしっかりと対応できる力量を持たなくてはいけなかったのに、いつの間にか、”安全”ということを、あまり考えもしないで鵜呑みにして、国民はもとより、力量を有していないといけない人たちでさえ、大事なことを忘れてしまったから、こういう事態になって、あたふたするだけになってしまったのではないでしょうか。

これからの復興に向けて、この原子力発電所の事故は、大きな足枷になるでしょう。
日本という国に対する影響も計り知れません。
また、これから起る様々な災害時には、その度に原子力発電所の事故が起こりうることも、今まで以上に考慮しなければなりません。
ですが、放射能物質や放射線は見えませんし、及ぼす影響もまだまだ分かっていないことも多く、なかなか難しいことかもしれません。
だからこそ、一人一人が、色々な意見を交えつつ、みんなで考える時にきているのではないかと思います。

明日行われる統一地方選、東京都知事は、原子力を推進している某氏が、優勢だとか・・・。


日本国民はもちろん、世界中から支援が集まって(本当にありがたいです。台湾からの義援金の総額がなんと100億円以上だとか。)、みんなで頑張って復興していこう!としているのに、日本の政治家の皆さんだけは、違う方向を向いているように自分は感じます。
まあ、選んだのは、私たち国民なので、そこにも責任があるのかもしれません。
だからこそ、今まで以上に一人一人が考え、行動することによって変えられるものもあるのだと思います。

とにかく、しっかりと”自分が”考えるという、当たり前のことが、このところ、少し足りなかったのでは。と思います。
あくまでも、自分が思っていることなので、色々な意見があると思いますし、別に自分が正しいとも思っていません。

長々と偉そうなことを書いてしまいました。
つたない文章、内容、どうかご容赦ください。
[PR]
by boot_maker_oe | 2011-04-09 18:33 | 徒然
日本
今日、あの大地震、大津波から1週間が経過しました。
未だに、津波で破壊された映像を見ると、こんなことが日本に起きるのか!と本当に愕然とします。
かなり寒い日が続き、避難されている方々の疲労を思うと、どうしたらいいのか分かりません。
本来なら、こうした被災された方々への支援が最大級行われなければならないにも関わらず、原子力発電所の事故により、それもままならないという現状が、本当につらいです。
なにも出来ない自分に腹が立ちます。
海外の方々は、原発から80キロの避難指示がでているようです。
日本政府は、20キロ。(原子力保安院の方々は50キロだそうです。それって、どうなんでしょうね。)
官房長官によると、海外の避難指示は、”自国民保護のため、より保守的な措置”とのこと。
日本国は、”自国民保護のため、より保守的な措置”はしないのでしょうか。
もちろん、安全性をきちんと鑑みているでしょうし、色々な理由で広範囲の避難は、きわめて難しいという事情もあるのかもしれませんが、もっと”国が全力で国民を守る!”という姿勢を見せていただければ、少し安心する部分があるのではないでしょうか。
だから、自分の身は、自分で守らなくては!という気持ちが、間違った方向に向いて、無用な買い占め等がおこってしまうのかもしれません。
もちろん、無用な買い占めは断じて許されるべきではないと思います。
自分も、極力無駄なことはしない、もちろん節電も出来る限り行っています。寄付も小額ですが、させていただきましたし、これからもしたいと思っています。
多くの皆様も、きっと同じような気持ちで、もしかしたらもっともっと強い気持ちで、支え合っていこうと思ってくださっていると思います。

お店は、通常通り木/土/日13:00〜18:00まで営業いたしておりますが、節電のため、エアコンはつけておりませんので、お越しいただくお客様には、その点ご了承いただけますと幸いです。
また、時間より早めに閉店することもございます。
お越しいただける際は、できるだけ早めにご連絡いただけますと、幸いです。
製作自体は、多少作業が遅れたりしていることもありますが、納品時期には、いまのところ変更はございません。

まだまだ、余震も含め、色々と不安なことが続きますが、これからも自分ができることを日々やっていこうと思っています。
[PR]
by boot_maker_oe | 2011-03-18 18:53 | 徒然
自分にできること
3月11日に大変大きな地震、またそれに伴う津波により、甚大な被害が出ています。
東京でも震度5強ということで、かなりパニックになりました。
皆様、ご無事でしょうか?
色々とご心配いただきましたが、私共は大丈夫でした。
気にかけていただいて、ありがとうございます。
お店も本当にありがたいことに、特に被害もなく、12日は余震の不安もあり、休業させていただきましたが、13日からは営業致しております。
余震自体は、まだ油断は出来ない状態とのことですが。

東京は、インフラ等の被害も少なく、今は比較的通常の生活ができています。
ただ、その分、やはりメディアの報道などで、被害の拡大を目の当たりにすると、つらいです。
自分が、普通の生活をしていることが、なんと言っていいか分からない、とても複雑な気持ちになります。
テレビ等で、被災者の方への心ないインタビューなども少なからず目にします。
報道も、もちろん大事ですが、人としての気持ちをもう少し考えられないのかな、と思うこともしばしばです。

政治家のみなさんも、今はとにかく皆で協力して、出来る限りのことをしてください!

出来る限り多くの皆様が、より早く救出されることを願っています。

自分も出来る限りのことはしたい!と思っていますが、今自分に何ができるのだろうかと考えると、無力な自分に気づかされます。
でも、小さいことでも何か出来ることはないかと思い、とにかく、今すぐ自分に出来ることの1つとして、原発の事故に伴う電力の供給不足の為に節電します。
本当に、本当に微々たるものだとは思います。でも、一人一人ができる小さなことが、少しでも、間接的でもなにかの力になればと思っています。
また、経過とともに、できることも、増えていくと思います。

地震、津波、そして放射能という本当に言葉にするだけでも恐ろしい、そんな不安を感じながら避難されている方々のお気持ちは、もう自分には想像もできないくらいつらいものだと思います。

何が自分にできるのか、わかりませんが、これからも出来ることから1つずつでもやっていこうと思っています。
[PR]
by boot_maker_oe | 2011-03-14 00:29 | 徒然
今年もありがとうございました
本当に早いもので、もう今年も終わろうとしています。
今年も、皆様のおかげで無事に終えることができそうです。ありがとうございます。
来年は、alte Artも3年目を迎え、ますます頑張っていこうと思っておりますので、宜しくお願い致します。
では、皆様、良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by boot_maker_oe | 2010-12-29 22:01 | 徒然
恵比寿にまつわるエトセトラ5
いよいよ、明日から恵比寿三越でのイベントが始まります!(日付変わったので、もう今日ですね。)
今日は、搬入してきました。
お洋服がメインなので、o.e.は、そんなに広いスペースではありませんが(お店自体も狭いので、印象はあんまり変わらないかもしれません。笑)、o.eらしい空間ができたと思います。
三越での写真は、搬入でいっぱいいっぱいで、それどころではなかったのですが、靴の紹介します。

d0130092_133528.jpg
こちらは、レディースの靴達です。
全て、1点ものです。サイズは現物のみとなりますので、シンデレラ靴ですね。
燐とのコラボ靴を合わせて、レディースは9足のご用意です。


d0130092_135789.jpg
こちらは、メンズ。
初期の頃の、かなり凝った作りの靴もあります。(アッパーが、ということではなく、底付けもかなりかわっているものがあります。)
レディース中心なので、メンズは6足のご用意です。
こちらも、もちろん全て1点もの、サイズは現物のみです。
メンズの靴には、全て、シューツリーをサービスで付けております。

メンズも、レディースも、作りはもちろんハンドソーンウェルテッドです。
サイズが合えば、かなりお買い得です。
ただ、補正等はできないので、その点はご了承いただけると幸いです。

では、明日から(今日ですね)、皆様を心よりお待ち致しております。
[PR]
by boot_maker_oe | 2010-08-06 01:06 | 徒然